敏感肌になりやすくなること、していませんか?

敏感肌の原因は自分!?

ちょっとした刺激でもダメージを受けてしまう敏感肌。季節の変わり目に一時的にゆらぎ肌になってしまう人も含めて、自分の肌の刺激への弱さって気になりますよね。個人的な肌質や体質のせいかなと思いがちですが、実は自分の普段の生活習慣や間違ったスキンケアなどが原因になっていることも多いんだそうです。つまり、これらをストップさせてしまえば敏感肌の症状の緩和にもつながる可能性があるということ。まずは自分が敏感肌になっていないか確認しましょう。

敏感肌の特徴とスキンケア

敏感肌の人は肌のバリア機能も弱っていて、乾燥しているので保湿をしてもあまり潤った感じがしません。化粧水で美容成分を与えてもあまり効果を実感できない場合は敏感肌が進んでいる証拠かも。肌が乾燥しがちなのにニキビができるという人もいるみたいですから、気を付けてください。スキンケアをする時に、乾燥しているからといって保湿をやりすぎたり、美容液や乳液などの重ね付けをやりすぎるなどの間違ったことをしているか見直してくださいね。

正しいやり方で肌を守る

まず肌の角質ケアの為に、ボディスクラブをしている人は週に一回か二回程度にとどめているか要チェックです。やりすぎてもバリア用の角質まで削られてしまうので逆効果になってしまいます。肌の保湿に関しては、タオルでこすりすぎないことと、セラミドなどの保湿成分が入っているソープを使うのがいいでしょう。敏感肌の多くはターンオーバーの乱れやスキンケアのミスなどが原因の後天性なので、正しい方法でケアすれば健康的な肌になっていきますよ。

品川美容外科の死亡について詳しく