食生活できれいになる!美容にいい野菜の代表例をチェック

ビタミンCを含んだ緑黄色野菜はお肌にいい

ピーマンやブロッコリーには、ビタミンCが大量に含まれています。他にもレモンにもビタミンCはたくさん含まれているのは有名な話ですよね。こうした緑黄色野菜を摂取していると、自然と肌の調子が良くなってきます。なぜなら、ビタミンCには抗酸化作用があったり、シミができにくくする作用があるからです。病院でもビタミンCを使った治療はよく行われているぐらいですから、きれいになりたいならこうした栄養素を多く含んだ野菜をたくさん食べるのがベストなのですね。

ビタミンEを多く含むカボチャも最高

基本的にビタミン系の栄養素は、美容維持のために素晴らしい効力を発揮してくれます。カボチャにはビタミンEがたくさん含まれているので、カボチャを食べるというのも美しくなりたいなら推奨される行為になります。ビタミンEにも、抗酸化作用はありますし、他にも血流をスムーズにさせる効果があったりして、健康と美容の両面を改善させることができると評判です。カボチャは美味しいですし、頻繁に食べてもまったく問題ない食材ですから、これも狙い目ですね。

セラミドを含むほうれん草もおすすめ

ほうれん草は緑黄色野菜なので、上記の栄養素も含んでいます。ただ、ほうれん草にはさらにセラミドという成分も隠されています。セラミドというのは、そもそも人体に存在する成分のことです。肌の外側を包み込むようにして存在していて、肌を守るバリアの役割を果たしているものになります。コラーゲンなどとともにセラミドも摂取しておくと、外部刺激による肌の劣化を防ぐことができると言われています。乾燥予防にも効果的なので、長期的にみずみずしい肌の維持が狙えます。

品川美容外科の死亡について詳しく