知ってる?繰り返してできる大人ニキビの原因

大人ニキビは思春期の頃のニキビと何が違う?

思春期の頃のニキビは、おでこやTゾーンなど皮脂の分泌が過剰になりやすい場所にできることが多いです。一方、大人ニキビはアゴやフェイスラインにできやすいです。また、大人ニキビはストレスから悪化することが多いのも特徴です。

実はこのニキビができる場所やストレスという大人ニキビの特徴は、ホルモンバランスが大きく関わっています。

ホルモンバランスの乱れでできる大人ニキビ

男性ホルモンには皮脂の分泌を促す作用があります。ストレスなどの理由でホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが優位になると皮脂が過剰に分泌されるため大人ニキビが発生します。男性でいえばアゴやフェイスラインはヒゲが生えやすい場所ですよね。その男性ホルモンの影響が出やすい場所に大人ニキビができてしまうのです。

ストレスがなぜホルモンバランスを乱す?

私たちの体はストレスを感じると、ストレスに対抗するためのホルモンを分泌してストレスに備えますが、このホルモンは男性ホルモンの分泌を促す作用があります。そのため、皮脂の分泌も促進されて大人ニキビができてしまいます。

また、生理前にも男性ホルモンの分泌が増えるため、ふだんはニキビができにくい人でも生理前にニキビができる場合があります。

ホルモンバランスを整えてニキビを予防しよう!

ホルモンバランスを整えるには、睡眠時間を確保して質のよい睡眠をとることや、栄養バランスのとれた食生活を心がけるなど、生活リズムを整えることが大事です。

また適度な運動や、リラックスできる時間を過ごすこともホルモンバランスを整えることには有効です。適度な運動は便秘解消にもつながりニキビ対策にも繋がります。

品川美容外科の裁判について詳しく